F-TECH PERFORMANCE

板金塗装 事例 / スバル レオーネ

>> 板金塗装事例集の一覧へ戻る

旧車 レオーネのリヤメッキバンパーの再生作業 / 2012-09-29

レオーネ リヤメッキバンパー切り継ぎ板金、再メッキ

お客様のご依頼により、スバルレオーネ リヤメッキバンパーのみをお預かりして、切り継ぎ板金、再メッキをすることとなりました。



base_0

長い年月が経過しているメッキバンパーの為、サビ腐食による穴があります。それに加えて、バンパー裏側全体の腐食が進んでいる為、再生するのが非常に困難な状態です。



base_1

まずはじめに、メッキバンパーのメッキを剥離するところからスタートです。腐食穴は二箇所あるものの、かろうじて再生できる状態なので、二箇所の腐食穴をなるべく小さく切り継ぐ方法を試みましたが、見事に失敗に終わりました。バンパー裏側の腐食状態がひどい為、鉄板の厚みがうすくなり、鉄板の表面を綺麗に仕上げることが出来ません。



base_2

そこで、もう一度作業方法を検討しなおして、なるべく鉄板の厚みが残っている所で大きく切り継ぐことにしました。



base_3

同じ厚みのボンデ鋼より叩き出し、バンパーのラインにピッタリ合うように製作します。



base_4

次に、製作したパネルの仮付け、本溶接に進みます。



base_5

本溶接後は、溶接部のならし板金とヤスリによる表面仕上げ、そして鉄板表面をピカピカの鏡面になるまで磨きあげます。パテやハンダを使ってごまかすことは出来ません。これでやっとメッキが出来る状態となりました。今回のバンパーの腐食状態は、再生できる旧車メッキバンパーの限界の状態でした。



Service Menu

Information

Access Map

accessmap

〒194-0005

東京都町田市南町田5-10-24

TEL:042-795-1252

営業時間:10:00~20:00
定休日:日曜日,その他,年末年始,お盆

>> google map

Plant & Equipment

plant塗装の環境に最適といわれるイタリア製のブローサムを採用。

Inusrance

自動車のダメージにより保険を利用した修理が良いのか?自費による修理の方が良いのか?お客様にとって最良の修理方法をアドバイスいたします。

Event Report

2008 TOKYO オートサロン